学生委員会企画


学生委員会企画とは

学生委員会企画(以下、学企)とは、スポーツ・デー学生委員会の委員が
考案したオリジナル競技を取り入れた企画になります。例年は事前申し込み
不要で気軽にふらっと参加できるのが売りでしたが、今年はコロナウイルス
感染対策のため事前申し込みが必須となっています。そのため例年の学企と
は違ってミニゲームをただ楽しめるだけでなく、得点ランキングを作って
ガチ勢でも全力で楽しめるような企画になっています。


①サバゲー

7対7で行われるサバイバルゲーム!!    
銃ではなく小ボールを投げ合って競い合います。
銃に頼らず自分の腕で敵を撃ち抜け!    

サバイバルゲームでは以下の2種類の対戦形式を用意しております。

フラッグ戦:FPSゲームで最もメジャーな対戦方式

・1チームあたりの選手数は7名。
・試合は3分3セットマッチ(2セット先取した方が勝利)
・試合時間内に相手コートのフラッグを抜くか、球を相手チーム全員に当てた時点で1セット勝利
・時間切れ(3分終了)の場合は終了時に残っている選手が多い方が勝利

カウンター戦(せんめつ戦)
・1チームあたりの選手は7名
・試合は3分3セットマッチ(2セット先取した方が勝利)
・ノーバウンドの球に当たった選手はアウト
・味方の投げた球、自分の手を離れた球が当たってもアウト
・ボールが当たったら自己申告し、一番近いラインから一度外に出て自陣まで戻り、自陣のカウントを一つ進める。
・終了時に残っている選手が多い方が勝ち!


②キックターゲット

10個の的を12回のチャンスで狙い撃て!
当てた的の数がそのまま点数になり、ランキング形式で競い合います。
ゴールの中心から11m(女子は9mも可)離れた位置からフットサルボールで行ってもらいます!


③フリースロー

11箇所のエリアからシュートを決めろ!
1分30秒の制限時間内に11箇所のエリアで順にシュートを決めてクリアを目指せ!
決めたエリアの数がそのまま得点になり、ランキング形式で競い合います。
筑波大学No.1を目指そう!


④リレー(2日目)

1チーム4人で1試合6チームで競い合います。
男子部門、混合部門、障害物リレーの3部門を開催します。
時間の都合上、1部門あたり参加チーム数を18チームに制限しています。

男子部門でも、女子が参加することはできますが、ハンデはございません。陸上部・医学陸上部の部員は1チームあたり1名まで参加可能です。

混合部門では、2人以上の女子選手の登録を必須としており、陸上部または医学陸上部の男子部員は登録できません。一方で、陸上部または医学陸上部の女子部員は1名まで登録できます。

障害物リレーでは、ハードル走やフラフープ、ネット潜りなどをして順位を競います。